HDMIケーブル4選!選び方のポイントもご紹介!

ノマド

こんにちは。

Freedox Magazineです。

本メディアでは、フリーランス、副業、独立、起業をキーワードに皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信をしております。

効率よくパソコンで作業をするのに欠かせないPCモニター。パソコンとモニターを接続する際によく使われているのがHDMIケーブルです。

パソコン以外にも、スマホ・家庭用ゲーム機・ビデオカメラなどのデバイスと、テレビやプロジェクタ-といった映像機器との接続に使用することが可能です。

今回はHDMIケーブルの選び方のポイントについて解説します!

HDMIケーブルとは

HDMIケーブルとは、映像信号・音声信号・操作信号を同時に伝送できるケーブルのことです。HDMIケーブルの「HDMI」は機器同士を接続し、通信する際の規格のひとつをいいます。

従来の接続は、映像信号と音声信号、操作信号を別々のケーブルを使って伝送していましたが、HDMIケーブルなら1本ですべてを出力可能です。

HDMIケーブルを使用することで機器の接続が簡単になり、デジタルデータも圧縮せずに伝送できるため、データが劣化せず本来の質の高い映像や音声を楽しめます。

HDMIケーブルの選び方

使用機器に合わせた端子

タイプA(HDMI)|パソコンやテレビ、レコーダー

パソコンをはじめテレビやレコーダーなどに多く採用されており、HDMI端子の中でも一般的なタイプ。ほかにも、ゲーム機やBlu-rayプレイヤーなどに備わっているのが特徴です。

タイプC(ミニHDMI)|デジタルカメラやビデオカメラ

タイプC(ミニHDMI)は、デジタルカメラやビデオカメラなどに多く使われているケーブルです

ミニHDMI端子を搭載しており、端子はタイプAより小さいサイズなのが特徴。撮った写真や映像を大きな画面で、簡単に映し出すことができます。

なお、カメラやビデオカメラをテレビに接続する場合は、テレビのタイプAとビデオカメラのタイプCを備えているモノを使用しましょう。

タイプD(マイクロHDMI)|スマホやタブレット

タイプD(マイクロHDMI)は、主にスマホやタブレットといったモバイルデバイスで使われています。タイプAやタイプCより、さらに小型の端子を採用しているのが特徴です。

HDMIケーブルの規格

スタンダード(Ver.1.2)|フルHDの映像の転送が可能

Ver.1.2のスタンダードHDMIケーブルは、通信速度4.95Gbpsに対応したケーブルです。

フルHDの映像の転送が可能で、かつて主流だったタイプ。今でも十分使えますが、最大解像度が1920×1200と低めです。

4Kや8Kなどの高解像度なデータや転送量の多いコンテンツを再生するには、少し物足りなさを感じます。

ハイスピード(Ver.1.3~1.4)|4Kや3D映像が楽しめる

最大10.2Gbpsの伝送速度を有するHDMI規格です。Ver.1.4のモノであれば、フルHDだけでなく3D映像にも対応しています。

また、1秒間30フレームなら4K(3840×2160)映像を伝送することが可能です。そのため、コンシューマー向けの4K対応ビデオカメラや、デジタルカメラなどに多く採用されています。

気軽に4Kや3D映像を楽しみたい方はチェックしてみてください。

プレミアムハイスピード(Ver.2.0・Ver.2.0a)|HDRで鮮明な映像が楽しめる

プレミアムハイスピード規格は、18Gbpsの伝送速度に加え、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しているのが特徴です。

白飛びや黒つぶれを抑えた鮮明な映像を見ることが可能。PS4やPS4 Proなど、HDR対応のゲーム機におすすめの規格です。

また、4K解像度で1秒間60フレームの画像伝送にも対応しているため、美しく滑らかなゲーム映像を見ながらプレイを楽しめます。

おすすめ、HDMIケーブル

Amazonベーシック ハイスピード HDMIケーブル (高耐久編組ナイロン) – 0.9m HDMI2.0規格

イーサネット、3D/4K動画、ARC(Audio Return Channel)対応のナイロン製編組ケーブル(HDMIのオスオス)でAmazonベーシック一年間保証の適用もある商品。

HDMI ケーブル【2M/4K60Hz/6種長さ】iVANKY HDMI2.0規格

4k@60hz(3840 X 2160@60Hz),2K@120(4:2:2, 4:2:0), 2K@60HZ(4:4:4), 1080P, 720P, HDR, HDMI 2.0に対応。速いスピード(18Gbps )でデータを伝送し、ミラーモードと 拡張モード、2つのモードを同時に提供。

Snowkids Mini HDMI ケーブル 1.8m ミニ hdmi

Mini HDMIデバイス(カメラ、カムコーダー、タブレット、Raspberry Pi Zeroなど)をHDTV、ビデオプロジェクター、モニターに接続するのに最適なケーブル。Mini HDMI( Type C)からHDMI(Type A)への変換は可能です。逆方向も対応します。

ソニー HDMIケーブル 2.0m マイクロ端子用 DLC-HEU20A

「HDMIマイクロ端子」を搭載した、スマホとテレビの接続といった用途におすすめのモデルです。普段スマホで見ている写真や動画を、大きな画面で鑑賞することが可能。最大4K解像度のデータ伝送がおこなえるハイスピード規格に対応しており、きれいな映像が見られます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

HDMIケーブルを購入する際は、長さはもちろん端子タイプや対応規格など、事前に確認すべきポイントが複数存在します。

確認を怠ると接続できなかったり、機器の性能を十分に発揮できなかったりする可能性があるので注意が必要です。本記事を参考に、目的や用途に合ったモデルを選んでみてください。

Freedox Inc

Freedox.Incは、Freedox magazineの運営会社です。
Freedox magazineは、「より自由な生き方を創造し世界をさらに幸せに」。そんな思いから立ち上げた独立や副業を目指す人へ向けたメディアです。

Freedox Incをフォローする
ノマド
Freedox Incをフォローする
Freedox magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました