増々注目の集まるノマドワーカーの働き方のメリット・デメリット

ノマド

最近、ノマドワーカーやアドレスホッパーという言葉をよく聞きます。

特に、ノマドワーカーという働き方は今に始まった働き方ではありませんが、テレワークが普及したことで、その注目度が増しています。

今回は、ノマドワーカーになることを考えている人へ、ノマドワーカーとして働くメリット・デメリットについて紹介していきます。

ノマドワーカーとは?

ノマドワーカーとは、インターネットやITツールを利用しながら働く場所を決めずに仕事をする人のことを指します。

ノマドワーカーの「ノマド」は、英語で「遊牧民」という意味を持っており、ノマドワーカーは、遊牧民のように働く人という意味です。

ノマドワーカーは、決まったオフィスやデスクを持たない人はもちろん、例え、オフィスやデスクを持っていたとしても、そこをベースにせず、普段はカフェなどで仕事をしているような場合でもそんなふうに呼ばれることもあります。

ノマドワーカーのような働き方に大きな憧れを持つ一方で、いくつか注意しなければならない点もありますので、それらについてふれていきます。

ノマドワークのメリット

まず、ノマドワーカーになることのメリットは比較的自由に働けるという点が大きく関係します。

自己裁量権が多い

ノマドワーカーとして働くと、仕事の期限はきまっているものの、期限さえ守れば、そこまでの仕事の配分などは自由に自分で決められる場合が多くあります。そのような意味で自分のペースで仕事ができるメリットがあります。

ワークライフバランスを取りやすい

自分のペースで仕事ができるということは、仕事以外のプライベートの時間も比較的確保しやすいです。例えば、平日でも子供のために時間をとったり、夫婦水入らずの時間を作ったりすることも、一般的な会社員と比べるとやりやすいでしょう。

面倒くさい人間関係があまりない

アウトプットさえしっかり出していれば、比較的裁量のある働き方ができるノマドワーカー、オフィスにいる場合には、上司、部下、同僚など色々と気を使わなければならないケースが多々ありますが、ノマドワーカーの場合、ソロで働いているケースが多い分、人間関係については、あまり考える必要はありません。

自然とスキルアップを図ることができる

ノマドワーカーの場合、自分のスキルを活かして仕事をする場合が多いです。逆に、しっかりと成果を出すことができなければ、ノマドワーカーといった働き方は難しい場合もあります。そのため、ノマドワーカーとして働くため、常に自分の知識や経験を最大限磨こうというマインドが働きやすく、結果、自身の経験やスキルを自然と高めるような動きをしているといえます。

ノマドワーカーのデメリット

一方で、ノマドワーカーとして働く場合、注意点もいくつか存在します。

収入が不安定となりがち

ノマドワーカーとして働く場合、比較的働き方の裁量が自由である一方で、収入については、安定性に欠けてしまうことがあります。ノマドワーカーとして働きだす場合前に、毎月の収入は最低でもどのくらい必要なのか、十分な貯蓄があるか等考えていた方がいいかもしれません。

情報管理に必要以上に気を配る必要がる

オフィスで働いている場合、会社はレベルの高い情報管理を行っていることが一般的に考えられるため、あまり個人が情報管理について考える必要はありません。一方で、ノマドワーカーになると、カフェやフリースペースなどで仕事をすることが多くなりますが、特に、パブリックのインターネットにつなぐような場合には、情報が抜かれる可能性がないか等最新の注意を払う必要があります。もし情報が流出してしまったとなれば、大問題となってしまいます。基本的には、パブリックのインターネットは使わず、セキュリティのしっかりしたポケットwifiなどを持ち歩いて、仕事するのがいいでしょう。

まとめ

ノマドワーカーというより自由な働き方はの注目度はこれからますます注目を浴びるようになるでしょう。これからノマドワーカーとして挑戦していこうと考えている人は、注意点を鑑みながら、ノマドワーカーとしてのメリットを最大限活用して頂ければと思います。

 

Freedox Inc

Freedox.Incは、Freedox magazineの運営会社です。
Freedox magazineは、「より自由な生き方を創造し世界をさらに幸せに」。そんな思いから立ち上げた独立や副業を目指す人へ向けたメディアです。

Freedox Incをフォローする
ノマド
Freedox Incをフォローする
Freedox magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました