在宅ワークでのテレアポとは?仕事内容のご紹介

副業

こんにちは。

Freedox Magazineです。

本メディアでは、フリーランスや副業をキーワードに皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信をしております。

近年、子育てで多忙な主婦等に副業として在宅で出来るテレアポ(テレフォンアポインター)業務が注目を集めています。

家庭の事情で長時間拘束されることが難しい。本業とは別にスポットで働ける副業を探しているなどの理由から、在宅でのテレアポを検討されている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、在宅ワークでのテレアポの仕事について紹介していきます。

テレアポの目的

会社の利益を上げるため、商品やサービスを紹介し、購入・導入を促すことで新規顧客の獲得をするための営業電話です。

大手企業は知名度もあり、有益な顧客が確保されているかもしれませんが、そうで無い場合、地道にテレアポにて顧客を獲得していくことも営業方法のひとつです。

テレマーケティングやインサイドセールスとの違いは?

夫々の違いについて見ていきましょう。

・テレアポ:電話にてアポイントを取得すること。(新規顧客に対して行う)

・テレマ:電話を利用したマーケティングの手法のこと。(既存顧客に対して行う)

・インサイドセールス:電話を利用した見込み客の育成のこと。(新規顧客に対して行う)

・テレオペ:電話を利用した問い合わせ等の受信対応、サポート業務のこと。(既存顧客に対して行う)

在宅テレアポの特徴

在宅でも人と話せる

在宅ワークで副業となると、一人で黙々と行う仕事が多い傾向にあります。一方、テレアポ業務は営業電話が仕事のため、社交的で人と話すことが好きな人にとってはメリットになるかもしれません。

働く時間の自由度が高い

何時から何時の間は、業務時間自由と短時間での業務時間で求人を出している場合が多く、例えば、主婦の場合、子供が幼稚園に行ってる間の4時間だけ仕事したい。等というニーズにも対応できます。

業務マニュアルがあるため初心者でも可能

在宅ワークだと、近くに相談できる仲間もいなく、特に未経験の場合は抵抗があるという方も多いと思います。一般的にテレアポ業務は体系化されており、業務マニュアルがあるので安心して始められることが出来ます。

求人の種類とアプローチの違い

・企業向け

・一般消費者向け

上記、どちらも、企業が作成した営業リストに沿って電話をかけ、商品サービスの説明をし、アポイントを獲得する。という大きな流れは変わりませんが、企業の場合は、担当者に繋いでもらうことが重要です。

一般的に、企業に電話をかけるとテレオペに繋がる場合が多く、また、担当外の従業員が電話に出ることがあります。

この場合、いくらその方に営業電話をしても判断できる人でない場合も多いため、そのまま営業電話をしても、お互い不幸な時間を過ごすことになりますね。必ず、担当者に繋いでもらうことが重要です。

担当者に繋いでもらうためには、電話をかける時間帯が重要です。

例えば、午前10時から11時30までの時間帯は、繋がることが多いです。

就業開始が9時の場合、9時から10時までは、メールの確認やチーム内で朝会をすることが多く忙しい時間帯です。

お昼過ぎ、13時以降会議を設定している場合も多いです。就業終わりの17時頃はその日の業務のまとめや明日の準備、また疲労感などもあるでしょう。このため、午前10時から11時30までの間は営業電話をする時間帯としてはベストと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

在宅ワークで出来るテレアポ業務についてご紹介しました。

人と話すことが好きな人、相手の話をよく聞く人等に向いている仕事なのではないでしょうか。

案件によっては、成果報酬や歩合制を設けている企業もあります。成果を出せば、正社員よりも報酬額が多い場合もあります。

成果は、電話営業をするサービスや商品の魅力も勿論ですが、テレアポする人の話し方や雰囲気など人に依存してきます。

ノルマが設けられ大変な仕事ではありますが、テレアポの特性をよく理解して意識することで成果に結びつき、やりがいを感じる仕事になってくるのではないでしょうか。

是非、副業等する上で検討してみてください!

Freedox Inc

Freedox.Incは、Freedox magazineの運営会社です。
Freedox magazineは、「より自由な生き方を創造し世界をさらに幸せに」。そんな思いから立ち上げた独立や副業を目指す人へ向けたメディアです。

Freedox Incをフォローする
副業
Freedox Incをフォローする
Freedox magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました