超オススメヘッドセット4選!選び方のポイントもご紹介!

個人・フリーランス

こんにちは。

Freedox Magazineです。

本メディアでは、フリーランス、副業、独立、起業をキーワードに皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信をしております。

ビデオ通話に欠かせない「ヘッドセット」。ゲーミングタイプやビジネス向けモデルなど、多くのメーカーからさまざまなモデルが発売されています。

今回は、おすすめのヘッドセットを用途ごとに分けてご紹介。選び方もあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

 ヘッドセットとは

ヘッドセットとは、マイクが搭載されたヘッドホンやイヤホンのことをいいます。一般的な通話やビデオ通話、ゲームのボイスチャットや配信など、さまざまなシーンで活用できるアイテムです。

片耳に装着するタイプやヘッドホンのようなタイプ、ブームマイクが搭載されたモデルなど、種類が豊富です。ビジネス用のモデルやゲーミング用のモデルなどもラインナップされています。

ヘッドセットの選び方

用途で選ぶ

「Web会議」などビジネスシーンで使う

ビジネスの通話やWeb会議で使用する場合は、しっかりとしたマイクを搭載したヘッドセットが適しています。特に、カフェや家族が近くにいるときのテレワークでは、マイクにノイズキャンセル機能を搭載しているとクリアな音声で通話ができるのでおすすめです。

また、手元で音量調節できるかどうかもチェックしておきたいポイントですね。自宅でテレワークをしている場合は、ミュート機能の有無も重要。

外出先で「スマートフォン通話」をする

外出先でスマートフォンを使用した通話を行いたい場合は、片耳タイプのヘッドセットがおすすめです。ワイヤレスタイプであれば、運転中のハンズフリー通話もできます。特に、ボイスコマンドで着信への応答や拒否ができるモデルは、ハンドルから手を離さずに通話ができるのでおすすめです。

接続方法で選ぶ

有線タイプのヘッドセットのメリットは、接続が安定していること。遅延や音の途切れなどが発生しにくいので、ゲーム時も通話時も快適に使用できます。

有線には、主にUSBとイヤホンジャックの2種類があるのも特徴。USB接続の場合、音質が劣化したりノイズが入ったりしにくいほか、Type-C端子が使えるモデルもあります。一方、イヤホンジャックの場合は汎用性が高く、スマートフォンにも使用可能です。

ワイヤレス接続のヘッドセットは、ケーブルが絡まったり断線したりといった煩わしさがない点がメリットです。ワイヤレスには、主にUSBレシーバーを使用するタイプとBluetoothで接続するタイプがあります。

Bluetoothの場合、スマートフォンやタブレットなどにも接続が可能。レシーバーを使用する場合は、端子に差すだけで使えるモデルもあります。

おすすめ、ヘッドセット

Logicool G ロジクール G ゲーミングヘッドセット G633s

音の遅延が少ない2.4GHzのワイヤレス通信に対応したゲーミングヘッドセット。ワイヤレスでは一度の充電で、最大約12時間の使用が可能です。

また、7.1chサラウンドサウンドが、立体的で臨場感が溢れる音を再現します。パソコンだけでなく、ゲーム機でも使えるのが魅力のひとつです。

Astro A20

高音質かつ多機能なハイエンドモデルのヘッドセット。40mmのドライバーを内蔵しており、歪みの少ない低音や聞き疲れしにくい高音、クリアな中音を実現しています。耳元にはダイヤルが搭載されており、ボイスチャットとゲームオーディオの音量バランスを素早く調節できます。

また、単一指向性のマイクを採用。マイクブームを跳ね上げれば瞬時にミュートにもできます。接続方式はワイヤレス。付属のUSBレシーバーを使用して接続します。

CORSAIR CA-9011188‐AP

ワイヤレスでも有線でも接続できるヘッドセット。接続方法が4種類あるので、さまざまなデバイスに対応可能です。精密にチューニングされたドライバーを内蔵し、クリアなサウンドを実現。「Dolby Atmos」に対応しているため、立体的で臨場感あふれる音を体感できます。

さらに、マイクは着脱できるので、シーンに合わせて使用可能。また、やわらかいヘッドバンドと形状記憶イヤーパッドにより、長時間プレイしても疲れにくいのが魅力です。

Plantronics(プラトロニクス) Voyager 5200 UC

Bluetoothヘッドセットで、最先端の適応型ノイズキャンセリングとWindSmartテクノロジーを採用しています。

エルゴノミクスデザインの採用も魅力のひとつ。長時間耳に装着していても負担がかかりにくい設計です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ヘッドセットには、ワイヤレスか有線かという違い以外にも、片耳か両耳か、ゲーム向けかビジネス向けかといったさまざまな違いがあります。各モデルにメリットやデメリットがあるので、自身の用途に合わせて選ぶのがポイントです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました