フリーランスにオススメの仕事場は?集中出来る場所はどこ?

ノマド

こんにちは。

Freedox Magazineです。

本メディアでは、フリーランス、副業、独立、起業をキーワードに皆様が少しでも豊かな生活ができるよう役立つ情報の発信をしております。

働く場所に捉われないフリーランスの皆様は、普段どこで仕事をしていますか?

自宅で働かれている方も多いと思いますが、たまには自宅ではない他の場所で働くことで、気分転換が出来、集中力が高まることで、仕事の効率が上がることがあります。

今回は、フリーランスにオススメな仕事場はどこか?効率よく仕事が出来る場所をご紹介します。

仕事場を選ぶ際のポイント

フリーランスの仕事場を選ぶポイントをご紹介します。仕事場を選ぶ際には最低限このポイントを抑えておけばよいでしょう。

1.利用料金が発生するか

探した場所の利用料金がいくらかは重要なポイントです。収入額に関わらず、利用料金はなるべく抑えたいところです。

例えば、レンタルオフィスや、コワーキングスペースのような場所は、静かで環境も整備されているので集中して作業できますが、ある程度の費用が発生します。

自分の収入に見合った利用料金で使える場所を探しましょう。

2.仕事がしやすい机や椅子があるか

長時間作業する場合は、仕事がはかどり易い机や椅子が設置されているかどうかはポイントです。

椅子が座りにくい場合は、頻繁に態勢を変えたり椅子から離れたりと、作業に集中できない場合があります。

また、机もできるだけ広い方が、メモ、スマホ、パソコンを広げて作業をしやすいでしょう。

ファミレスやカフェなどは仕事用、作業用にレイアウト、デザインされているわけではないので、作業がしにくいと感じる人もいるでしょう。

3.設備(充電ポート、Wi-Fi)は充実しているか

設備が充実しているかも仕事場所を選ぶ上では非常に大切なポイントです。

例えば、パソコンやスマホが充電できる環境であるか、Wi-Fiが使いたい放題かどうかは極めて重要です。Wi-Fiは個人でルーターを保有している方はまだいいかもしれませんが、充電ができないとどうにもなりませんよね。

また、エアコンの温度は快適に感じるか、ドリンクバーが存在するか、なども気になるポイントです。

4.自宅からの距離が離れていないか

そもそも、自宅から遠すぎる作業場は良くありません。

フリーランスは、通勤時間を削減できることがメリットの1つであり、移動時間を削減できる分、違う仕事や未来への投資が出来る時間を捻出できたことになります。

このため、作業場は近くがおすすめです。

また、フリーランスは交通費も自己負担になるため、電車やバスに乗らないといけない場所は避けましょう。

移動時間と費用の削減のためにも、自宅から近いところで仕事をすることが基本でしょう。

5.仕事に集中できる環境か

皆様はどのような環境が集中できる環境でしょうか?例えば、カフェやレストラン等、人が多くてうるさい場所だと仕事に集中ができない、と感じる人も多いかと思います。一方、人がたくさんいる場所の方が、監視されているような気がして仕事に集中できる、という方もいるかもしれません。集中できる環境というのは1人ひとり異なりますので、実際に行ってみて、仕事をしてみて確かめてみることが大切です。

具体的な仕事場の紹介

h2 ファミレス・カフェもフリーランスの作業場としては比較的適していると言えるでしょう。

ファミレス・カフェのメリットは、複数人が座ることを想定しているため机が広いことにあります。

更に、ファイレスの場合は、ドリンクバーもあるので、環境としては適しているでしょう。ただし、Wi-Fi環境がないことや、電源が使えない所があるので注意が必要です。

また、最近ではWi-Fiに接続できても、1日2時間まで等と時間制限がある場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

ファミレスの場合、平日の朝がおすすめです。この時間は、人が少ないので集中できますし、長いしても気にならないでしょう。

カフェの場合は、Fi-Wi環境や電源が設置されていることが多いですが、どの時間帯も非常に混雑していることが多いです。最近では、電源ポートが無いカフェも増えてきていますね。

コワーキングスペース

コワーキングスペースとは、作業者向けの作業スペースのことです。

コワーキングスペースは、その日、その時間限定で使うこともできますし、月額料金を支払って使うこともできます。月額料金は数万円、時間指定の場合は、安くて1時間数百円、高くて数千円でしょう。

コワーキングスペースは作業にとても集中しやすい環境が整っています。また、Wi-Fiやドリンクが飲み放題のところもあります。

コワーキングスペースは、フリーランスや会社員のタッチダウンスペースとしても活用されているため、多くの働く人がいます。オフィスで働いている気分になり、ある程度の緊張感も出てやる気が出るかもしれませんね。

ネットカフェ

意外かもしれませんが、ネットカフェはフリーランスの作業場として理想的といえます。Wi-Fi、ドリンクバーもあり、場所によっては食事もとれます。

作業場としては、仕切りがある、ほぼ個室空間であるため仕事に集中できます。

また、机も広く椅子も快適なものが多いです。ただ、ネットカフェは利用料金が高いこと、場所によっては空調環境が悪く熱かったり、寒かったりと感じることもあるかもしれません。

カラオケ

カラオケも意外とフリーランスの作業場として適しています。

ドリンクバー、食事、個室のため、作業に集中できる環境は整っています。ただ、Wi-Fi、電源の設置があるかは確認したほうがよいでしょう。

また、W-Fi-が無い場合、個人のW-Fiルーターの電波が入るかどうかも気になるところですね。

スーパー銭湯

スーパー銭湯も隠れ仕事スポットかと思います。

広場で仕事も出来ますし、疲れたら横になれる、お腹がすいたら食事もとれる、最後にお風呂に入って、自宅に帰ったら寝るだけ。という最高に無駄のない1日になるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フリーランスにとって作業場所選びは仕事の効率を高めるにも重要ですね。

会社員の場合は、作業場を自分で選べないことが殆どかと思いますが、これもフリーランスの特権ですね。

フリーランスの方で、普段自宅で作業をしている人も、たまには環境を変えることで、逆に仕事に集中出来たりするので、是非、参考にしてみてください。

Freedox Inc

Freedox.Incは、Freedox magazineの運営会社です。
Freedox magazineは、「より自由な生き方を創造し世界をさらに幸せに」。そんな思いから立ち上げた独立や副業を目指す人へ向けたメディアです。

Freedox Incをフォローする
ノマド
Freedox Incをフォローする
Freedox magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました